« blog jam | トップページ | がんばれ鬼束ちひろ!! »

2004/06/15

覚書。

 個人サイトの管理人というのは、銭金絡んでいない分自分の好きなようにサイト運営が出来る。逆に言えばその権力を制限するものは運営者自身の倫理感とかけじめとか、そういったものしかないわけである。
 その意味で掲示板の意見とか感想のe-mailというのはものすごく重要なのだけれど、それでも運営者にとって不快なものであったり余計なものであったりすればそれを無視したり削除したり、は商業ベースでない以上やむを得ない部分はあるとは思う。個人的には、完全な荒らしでない限り強硬手段に出るべきではないとは考えているのだけれど。
 しかし、都合の悪い意見(それも喧嘩腰などでは決してなく、節度を守って素朴な疑問を尋ねている意見)を改竄したり、あまつさえ悪党呼ばわりして冤罪を着せるような行為はwebサイト管理人の態度云々以前に、人間として下の下であろう。
 天才は往々にしてモラルハザードな存在であるが、別に常識知らずや正気じゃない人間が皆、才人なはずがない。

|

« blog jam | トップページ | がんばれ鬼束ちひろ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29870/775149

この記事へのトラックバック一覧です: 覚書。:

« blog jam | トップページ | がんばれ鬼束ちひろ!! »