« 覚書。 | トップページ | お買い物♪お買い物♪ »

2004/07/31

東京写真機。

AUG_1117.JPG
 親愛なるMr.Heayesへ、初めてe-mailを送ります。

 昨日僕はあなたの名を知りましたが、それはあなたの仕事や、Naked Tokyoが最初ではありません。僕が新宿でカメラを買ったとき(CANONの初代EOS Kissです)、その底に"GARY HEAYES TOKYO ---"と刻印されているのを見つけました("---"の部分は削られていますが、おそらく電話番号かIDが記されていたのでしょう)。
 僕はかつて田中長徳氏のエッセイで、アメリカ人の中には、例えLeicaやContaxでも、手元のカメラに自分の名前を刻みこむ人がいる、という内容を読んだことがあります。僕はそれをとても面白く感じ、そして軽い気持ちで刻印されていた名前をGoogleで検索したのです。
 これによってあなたの写真に出会えたので、僕はこの偶然に非常に感謝しています! それらを見るとき、僕は目の記憶を想像します-或いは懐かしい既視感を感じます。僕が好きなのは"artifacts"と"people"中の数葉の写真、例えば屋根のゆがんだ家、木の格子戸、雨降る通り道、夏祭りの少女達などです。
 僕はあなたの新たな作品に期待していますし、もしNaked Tokyoのような新しい展覧会に出品されたなら、実際に行って観てみたいと思っています。

最後に、稚拙な英語と二重送信をご容赦ください。

敬具

※I.
文中「二重通信」とは、書き途中で中座してPC落として、再立ち上げしたときにうっかり送信してしまったのですよ(T_T)とほ。

※I.I.
実際には英文mailで送りました↓ 下手っぴなので恥ずかしいのですが……。

------------------------------
Dear Mr.Heayes,

This is first e-mail for you.
Yesterday I knew your name, neither your works nor Naked Tokyo at the first
hand. When I bought a camera(CANON EOS Kiss/first model)at Shinjuku, I found
a hallmark at the bottom of it written in "GARY HEAYES TOKYO ---"(I imagine
the part "---" is once written someone's phone or ID no.before shaved).
I once read an essay by Mr.TANAKA Chotoku and he wrote some Americans cut
their names in cameras, even if Leica or Contax. It is a great fun for me, and
I searched the name by Google with light feeling.
I am very thankful for this accident, because I met your photographs by
that! When I see them, I imagine memories of eyes - or feel Deja vu
impression for longing. I like some photos of "artifacts" & "people", for
example, a house of warped roof, a wooden door of Koshi-do, rainy street,
and girls in natsu-matsuri.
I expect your new works and if you participate a new exhibition like Naked
Tokyo, I want to go and see them in real.

Sorry of my poor English and double-transmission.

Sincerely
------------------------------

 まぁ実際のところ、この中古カメラが本当にHeayesさんのものだったのか、それは分かりません。でもmailに書いたとおり、こーいう偶然ってなかなかないと思うので、ちょっと嬉しかったのです。

08/01 10:20追記;

 Heayesさんからお返事が来ました(゚ー゚*)。・:*:・! やはりこのEOS KissはHeayesさんの持ち物だったそうで、これでいくつか作品も撮っているようです。その他の作品はほとんどHolga(一部Lubitel166B)を使っているそうで……それであの独特の雰囲気があるのかな。
 屋根のゆがんだ家は、イギリスのWoodhurstという町で撮影されているもので、隣に住む人の話ではこの空き家に時々女性の幽霊が出るとか……(((゚Д゚;)))イギリスだなぁ。
 新作や新たな展覧会への参加も、これから注目したいものです。頑張れーHeayesさん!

|

« 覚書。 | トップページ | お買い物♪お買い物♪ »

コメント

こういう出会いってのも、いいよねぇ。

投稿: hipster * | 2004/08/02 01:19

hipster*さん;
ご来訪&コメント感謝です!o(_ _)oペコッ

逆に買う前に気づいていたら選択肢から外していたかも知れないし、
まさかsearchして作品サイトが見つかるとも思わなかったよ。
リンク先の作品、観てもらったら分かるけれど、
その場の雰囲気に溶け込んだ静かな写真で、とても良かった。
やっぱり不思議な縁を感じるねぇ。

投稿: ぱこ<Paco> | 2004/08/02 02:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29870/1091190

この記事へのトラックバック一覧です: 東京写真機。:

« 覚書。 | トップページ | お買い物♪お買い物♪ »