2005/05/19

生活倫理。

イカリソースの詐欺事件に限らないけれど、企業の不祥事ってそんなに大げさに取り扱うものかなって気はします。そもそも企業ってそーいうもんじゃないのかなーと。
企業にとっては利益を上げて所属する人間を養うのが第一だろうと思うんですよ。盗人にも三分の理じゃないけれど、利益さえ上がれば必ずしも社会道徳に従うとは限らないのが、企業とか会社とかの根本じゃないでしょうか。よく「あんな有名な大企業がこんなことを…」とか言われますけど、その規模が大きかろうが有名であろうがあまり関係ないですね。

続きを読む "生活倫理。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/26

支給遅滞。

昨日、給与支給日だったけれど振り込まれず。
今日の夕方、会社に聞いたら

「すまん、忘れてた。金曜までには入れとく」

…いくら退職したからってその扱いはどーよ(´・ω・`)

4/28追記;
金曜休みだから来週月曜振込みってのはどーなのよ(´;ω;`)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/15

試用終了。

次行ってみよう(長さん風に)。


4/22追記;
『眞鍋かをりのここだけの話』が文章も内容も好きで、時々読みに行くのですけど、このエントリにすごく共感。自分が悩んでるのをさらけ出しつつ、それだけじゃなく読んだ人にきちんと考えるきっかけを与えてくれる眞鍋さんはやっぱりたいした人だなー…というわけでTBしてみましたよ。お時間ある方はぜひご一読を。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/04/11

文明開化。

久しぶりに家族で焼肉@近所の『牛角』。豚でも牛でも、やっぱ肉は良い!
お店で携帯電話でのアンケート&くじに挑戦するも外れる。
当たると一品サービスしてくれたり割引があったりするらしい。

親兄弟と少しだけ仕事などの話もしてみたり。
弟いわく「引き際も大切だよ」むむむ。

情熱大陸』美輪明宏の言葉にいちいち納得。

 

「(ライブドア)堀江さんのweak pointは『文明』があっても『文化』がないところね。
 インターネットは『文明』の利器であって、『文化』じゃないでしょう? あの方は『文化』が身についてらっしゃらないから、それが服装や発言に現れているのね」


「お芝居は後で自然につきますから、ここ(稽古場)でする必要はありません。
 誰でも自分の家に帰るとき、右に曲がってそれからまっすぐ行って…などと考えないでしょう? ぼーっとしていても家に帰りつくんですよ。お芝居も同じことです」

「今、外を歩いてきたら、雑巾やモップをかぶっているのかと思うような若者を多く見たわ。
 非常に醜いんですよ。それは『これなら流行するだろう、売れるだろう』と考えて作られたものだから」

「今の日本では、本当の芸術家は育ちにくいのでしょうねぇ…本当は一番必要なのだけれど」

この番組と『Top Runner』は本当、見るたび勉強ですなぁ。

あー焼肉食った後爆睡してたらこんな時間だ。シャワー浴びてタバコ吸うべか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/03

覚書(長め)。

 最近、m-flo『ASTROMANTIC』をBGMにしながらネットしていて、収録曲のヴァラエティさとノリがお気に入りなのだけれど、各楽曲でVERBALが「えむふろぅ!」と連呼するのがどっかで聞き覚えがあるなぁとか考えていて、ふとそれが何なのか思い当たった。
 それはつまり、選挙のときに「○○、○○をよろしくお願いします!」という宣伝カーだったり、「かっ飛ばせー××!」というプロ野球の応援だったり、ビンス・マクマホンの異様にショーアップされたプロレスだったり、「しょーこーしょーこー♪」「我らが同志労働者達よ!」「アーリア民族は世界一ィィィ!」というアジテーションだったりする。

続きを読む "覚書(長め)。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/07/29

覚書。

 眠れない夜に、布団の中で悪意や妄想をさんざ突っ走らせ、しまいに飽和して「ま、いっかー、やめやめ」と気持ちの糸を緩めまくると良く寝られる……そんな時ってありませんか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/07/23

覚書。

 嫉妬や悪意は女性が強い、と思われがちだけれど、男性、特に中高年おっさん層の方がより強いしおっかないと思うんだよね。
 何であんなに無意味なまでに自分が絶対正義だと思い込むのか……というか、客観視点が決定的に不足しているのか不思議なのだけれど。んで、そーいうおっさん達の発言ってほとんど例外なく言葉が汚く、えらそうで、そんくせレトリックも新しい視点もなくて陳腐なんだよなぁ。
 やっぱ、なまじ「自分が会社や家庭など、社会を支えているんだ」という信念が固いからかな? でも会社や家庭だけが社会じゃないんだけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/13

覚書。

 予言者は、その予言が外れれば民衆から罵倒される。しかし、当たってしまった場合、民衆はすでに被害の只中にいるので予言者どころではなくなる。予言者も、その言葉も、その存在を心に留めて深く思考しなくてはならないものの、非常に取り扱いの難しい存在である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/02

覚書。

 「かわはかわから、みはみから」という言葉があります。川魚は皮の側から、海の魚は身のほうから焼くとおいしいよ、という意味だそうです(ただしクサヤは例外…by椎名誠氏)。
 「いどもりいもり、やどもりやもり」という言葉もありまして、イモリは井戸などの水辺に住み(だから井守=いもり)、ヤモリは庭先などに住む(だから守宮=やもり)、という意味なのです。
 だから何だって言うと、こーいう古くから伝わる言葉には、リズムというか手触りというか懐かしい匂いというか、そういった印象を受けるんですよね。昔は祖父母から聞けたかも知れないけれど、今だって本やwebを開いたり地域の古老に話を聞いたりすれば、こんな良い匂いのする言葉に出会うことが出来るんです。思ったより近くに、あなたの知らない世界は広がっているかも知れませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/24

覚書。

 当weblogにて2004/06/24付で投稿された記事は、諸事情により削除しました。トラックバックおよびコメントを下さった方々には、無礼の段、深くお詫び申し上げます。
 なお、この件に関するコメントおよびトラックバックについてはご無用に願います。万が一に発見した場合、理由を問わず即時削除させていただきますこと、ご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧